カーペット ブログ

遊興施設のカーペットクリーニング

投稿日:

パッと見では分かりにくいかもしれませんが、右奥から出てきて左奥へ同線(油分を含んだ獣道)が出来ています。

カウンター際が明るい色なのがわかりますが、これは汚染された部分と汚染されていない部分の差です。

こんな機材で洗浄することで汚れを分解し、別の機材で汚水を回収していきます。

 

作業後の写真です。

こちらの写真ではカウンター際が濃い色になってますが、これは影によるものです。

-カーペット, ブログ

執筆者:

関連記事

光沢度計

福祉施設の床面洗浄作業を行いました。人の目では、時間帯や天気で明るさが変わったり、体調の変化で見え方が変わることもあります。 光度計を使って光度を測定することで、お客様に具体的な報告が可能となります。 …

整形外科医院長室の木床クリーニング

木床を洗浄する場合、目地から水分が染み込んでしまわないように注意しながら、迅速かつ丁寧に施工しなければ、木床が膨らんで割れたり、反ったりして痛めてしまいます。

生活インフラ関係事業所のハードフロアクリーニング

↓施工前 汚れが蓄積された古いワックスを剥離剤を使用して剥がしていきます。 ↓剥離洗浄後・ワックス塗布前 現地調査の段階でしっかりと床材の状況等を見ていないと、床材を破損させてしまう可能性があるので、 …

タイヤがパンク・・・

朝から作業車両のタイヤがパンクしてました… これは故意にやられたか!? 路上で踏んだか!? 慌ててスペアタイヤに交換して出発しました!

仕事の一環(京都)

仕事の一環で京都へ行ってきました。良いご縁をいただきました。

ブログ一覧

お客様の声一覧