ブログ 清掃に関するお話

大黒さま

投稿日:2018年5月12日 更新日:

台所を守るのは大黒さま

 

伊邪那岐命が体をきれいに洗うみそぎをして、天照大神·月読命,須佐之男命という三姉弟の神が成りました。このうちいちばん暴れん坊だったのが、末っ子の須佐之男命。姉の天照大神をおののかせて、神々の住む天上界(高天原)を追放されてしまうほどでした。ふるさとを追われた須佐之男命は、のちの妻となる櫛名田比売と旅先で出会います。八岐大蛇に食べられるところだった姫君を、須佐之男命が剣で大蛇を切り裂いて救います。姫君は、命を助けてくれた須佐之男命に恋をし、やがてふたりは結婚。子どもが生まれ、その子がまた子を生み、六代目に、大穴牟遅という神が成りました。大穴牟遅神はたくさんの48兄弟とうまく渡り合って日本という国を作りました。そこで、大国主神と呼ばれるようになります。

勇気と慈悲をあわせもつ大国主神は、七福神の一人「大黒天」と合わせてお祀りされることが多いようです。大黒天は、もとはヒンズー教の「マハーカーラ」でした。それが中国を経由して日本に入ってくると、「大黒」と大国主神の「大国」は同じ読みができるので、同一の神とも考えられるようになりました。大黒さまは、豊穣の神、商売繁盛の神、子宝の神、縁結びの神などとして、たくさんの神社に祀られています。

-ブログ, 清掃に関するお話

執筆者:

関連記事

遊興施設のカーペットクリーニング

パッと見では分かりにくいかもしれませんが、右奥から出てきて左奥へ同線(油分を含んだ獣道)が出来ています。 カウンター際が明るい色なのがわかりますが、これは汚染された部分と汚染されていない部分の差です。 …

淡路島3年とらふぐ

先日、淡路島3年とらふぐをいただいてきました。3年間丹精込めてじっくりと育てるにはかなりのリスクが伴うらしいです。育てた稚魚が無事3年後に残るのはせいぜい半分くらい。だからこそ他の地域ではやってこなか …

外部のタイル床クリーニング

雨風にさらされて汚れやすい屋外の床。土砂や排気ガスなどが日光によってこびりつく前に洗浄して美観を保つことをお勧めします。もちろん外部だけでなく屋内のタイル洗浄も承ります。

カーペットクリーニング(動画)

最高80度で40キロ圧の強力スチームと強力吸引で沈んでいる土砂やホコリ、ダニなどを回収します。土足で入る歯科医院のカーペットです。動画を見て分かるように、きれいに見えていてもどんどん土砂汚れが浮いてき …

仕事の一環(北海道)

札幌の同業者さんのところへ行ってきました。 2泊3日なので、他の時間は家族旅行タイムです。 富良野のアンパンマンショップや旭山動物園や羊ケ丘展望台などあちこちに行き、美味しいものは3日間とも沢山いただ …

ブログ一覧

お客様の声一覧