ブログ 清掃に関するお話

やしき神

投稿日:2018年5月16日 更新日:

つねに家を守る屋敷神

敷地内に住んで、家を守る神。家によって、稲荷、八幡、さらには弁天、観音とさまざまな神仏が屋敷神とされています。そうした神さまは住む人が変わっても、同じ場所に居続けるといわれます。

岩手県などでは、「座敷童子」という妖怪が有名で、これもまた、家を守る神さまが形を変えた姿ともいわれます。こちらはときとして出ていったり、戻ってきたりすることがあります。出ていくときは、立てかけてあったはずのほうきが倒れているなどの不思議なことが起こり、その日から家運はかたむいていきます。

-ブログ, 清掃に関するお話

執筆者:

関連記事

中華料理店の木床クリーニング

木床は水分(洗剤)を吸いやすいので、洗浄後すぐにバキュームでよく吸い上げます。そのあとしっかり水拭きし、送風機で乾燥させます。床の状態を見たところ、ワックスを塗らない方が美観保持・メンテナンスをしやす …

事務所のカーペットクリーニング(動画)

弊社のカーペットクリーニングのメイン方法は、温水を高圧噴射しながら吸引する為、ボイラーを使用します。ボイラーを設置できる位置(様々な条件があるので、作業員が現地調査の上、ご提案します)が確保できなけれ …

中華料理店のレンジフード解体クリーニング

中華料理店の店内改装に伴う什器類はクリーニングということで、工事業者様に解体していただき、弊社敷地での洗剤と高圧洗浄機によるクリーニングを行いました。付着した油の上にホコリが付いたり、付着した油が高熱 …

水神さま

命の綱、水神さま   誰もが田畑を耕していた時代には、田畑をうるおす水は、まさに命綱でした。また、水道がなかった時代、家で使う水は井戸から汲んでいました。そうした川や井戸を守る水神は、私たち …

学校のトイレ剥離洗浄

学校のトイレの床(磁器タイルではなく長尺シート)がワックスを塗り重ね続けた為に黒ずんでしまい、「キレイにしてほしい」というご要望をいただきました。塗り重ねられてきたワックスを剥離し、リセットさせていた …

ブログ一覧

お客様の声一覧