ブログ 清掃に関するお話

やしき神

投稿日:2018年5月16日 更新日:

つねに家を守る屋敷神

敷地内に住んで、家を守る神。家によって、稲荷、八幡、さらには弁天、観音とさまざまな神仏が屋敷神とされています。そうした神さまは住む人が変わっても、同じ場所に居続けるといわれます。

岩手県などでは、「座敷童子」という妖怪が有名で、これもまた、家を守る神さまが形を変えた姿ともいわれます。こちらはときとして出ていったり、戻ってきたりすることがあります。出ていくときは、立てかけてあったはずのほうきが倒れているなどの不思議なことが起こり、その日から家運はかたむいていきます。

-ブログ, 清掃に関するお話

執筆者:

関連記事

保育所の外部通路高圧洗浄工事

保育所の外部通路にはエンボス床(防滑シート床)が施されていました。だいたい園庭からの砂が持ち込まれているので、砂と歩行による汚れが付着します。 泥水で、全身ビシャビシャに濡れるのでこんな格好になります …

こどもオペラ

家族でこどもオペラ鑑賞に。 初めてのオペラはこれぐらいがちょうどいいかな。 他の子ども達も楽しそうに、はしゃいでました。

自動車販売店のハードフロアクリーニング

木目調長尺シートの床を洗浄・ワックス塗布しました。

整形外科医院の床クリーニング

  ある病院の待合室の床です。   受付カウンターの足元は立ち止まってターンするので、ワックスが先にはがれて目立っています。 そこを剥離洗浄で解消しました(‘ω&#82 …

自動車販売店のガラスクリーニング

ガラスクリーニングが高所であっても様々な方法で対応させていただきます。 画像は自動車販売店のガラスクリーニングで、ローリングタワーという足場を使用することで、効率よく作業ができます。。

ブログ一覧

お客様の声一覧