ブログ 清掃に関するお話

かまど神

投稿日:2018年5月10日 更新日:

火を司るかまど神

 

ガスや電気のなかった頃、日本の家には土や石で固めたかまどがありました。かまどにごはん釜や鍋をかけて、薪で火を起こし、調理したのです。家庭の象徴のようなあたたかい場所である一方、当時の日本家屋は木と紙で作られていたためたいへん燃えやすく、類焼もしやすかったため、火事を出すと七代たたる、などと言われていました。火は生きていくうえでなくてはならないものですが、反面、恐ろしいものでもあったのです。

そこで、人々は、かまどの神さまを大切にするようになりました。お札をかまどのそばに貼り、神さまを怒らせないよう燃えやすい炭のくずなどを片づけ、食べ物も、できるだけゴミを出さないようにしたものです。何よりも恐ろしいのが火事だったので、かまどの神さまこそが家の守り神だとする地方、家もあります。

-ブログ, 清掃に関するお話

執筆者:

関連記事

ご家庭の浴室クリーニング

浴槽が青っぽい緑色に変色してしまっているのを見たことがある方も少なくないと思います。 外部の給水給湯配管や給湯器で銅配管を使用しているため、配管からの銅イオンと、身体や石けんからの脂肪酸が反応して銅石 …

清掃資機材の展示会

技術の進歩によって日々進化し続ける建材。それに対応すべく進化し続ける機材や洗剤・ワックス。常に現在から先の事、時には過去の事を考え続けていないと、いつの間にか時代に置いていかれるご時世です。「新しい物 …

空き店舗クリーニング

店舗の居抜き物件。次の入居者さんが気持ちよくオープン出来るように、リフォーム後の清掃をさせていただきます。

こどもの日

息子(2歳)が保育所で作った鯉のぼりです。 成長が見られます。

結婚式場の改装後美装工事

こういった施設に限らず、戸建ての新築やリフォーム後、施主様へ引き渡す前に美装をします。 こちらの現場写真は、床材にワックスを塗って仕上げてほしいとご依頼をいただき、ワックスを乾燥させる為に送風機を使用 …

ブログ一覧

お客様の声一覧