ブログ 清掃に関するお話

かまど神

投稿日:2018年5月10日 更新日:

火を司るかまど神

 

ガスや電気のなかった頃、日本の家には土や石で固めたかまどがありました。かまどにごはん釜や鍋をかけて、薪で火を起こし、調理したのです。家庭の象徴のようなあたたかい場所である一方、当時の日本家屋は木と紙で作られていたためたいへん燃えやすく、類焼もしやすかったため、火事を出すと七代たたる、などと言われていました。火は生きていくうえでなくてはならないものですが、反面、恐ろしいものでもあったのです。

そこで、人々は、かまどの神さまを大切にするようになりました。お札をかまどのそばに貼り、神さまを怒らせないよう燃えやすい炭のくずなどを片づけ、食べ物も、できるだけゴミを出さないようにしたものです。何よりも恐ろしいのが火事だったので、かまどの神さまこそが家の守り神だとする地方、家もあります。

-ブログ, 清掃に関するお話

執筆者:

関連記事

清掃業者の選定—≪医療機関編≫

医療関係の方々に質問です。 突然ですが、こちらのマークを見たことはありますか? 医療法では、医療機関が医師等の診療などに著しい影響を与える一定の業務を外部に委託するときは、「厚生労働省令で定める基準に …

歯科医院のハードフロアクリーニング

パッと見たところ分かりにくいですが、汚れがワックスに混ざって黒ずんでくると剥離洗浄をします。これも環境のことを考慮して、業界では考え方が変わってきています。 剥離洗浄によって古いワックスを除去すると、 …

野菜販売所のハードフロアクリーニング

木目の長尺シートのクリーニングです。 そこそこの艶が出るワックスを塗布しました。 窓ガラスや外部のトイレもクリーニングさせていただきました。

ピンコロ石高圧洗浄工事(動画)

  一軒家に施されたピンコロ石の高圧洗浄。 国土交通省(NETIS)に登録された、HOTJEBLO工法では、目地についた汚れ(コケや排気ガス等)を通常の高圧洗浄機より“早く”“綺麗に”“まき …

飲食店玄関外タイルの防滑施工

雨の日に滑りやすいということで、玄関の石材タイルに防滑施工をいたしました。

ブログ一覧

お客様の声一覧