ブログ 清掃に関するお話

かまど神

投稿日:2018年5月10日 更新日:

火を司るかまど神

 

ガスや電気のなかった頃、日本の家には土や石で固めたかまどがありました。かまどにごはん釜や鍋をかけて、薪で火を起こし、調理したのです。家庭の象徴のようなあたたかい場所である一方、当時の日本家屋は木と紙で作られていたためたいへん燃えやすく、類焼もしやすかったため、火事を出すと七代たたる、などと言われていました。火は生きていくうえでなくてはならないものですが、反面、恐ろしいものでもあったのです。

そこで、人々は、かまどの神さまを大切にするようになりました。お札をかまどのそばに貼り、神さまを怒らせないよう燃えやすい炭のくずなどを片づけ、食べ物も、できるだけゴミを出さないようにしたものです。何よりも恐ろしいのが火事だったので、かまどの神さまこそが家の守り神だとする地方、家もあります。

-ブログ, 清掃に関するお話

執筆者:

関連記事

兵庫県技能士会連合会

『兵庫県技能士大会』に参加させていただきました。 ※写真は左から、井戸 兵庫県知事・難波 姫路市技能職団体連合会会長・関本 兵庫県ビルクリーニング技能士会会長

石床高圧洗浄工事

「外部の石床の汚れを除去してほしい」というお問合わせをいただきました。 この汚れはここに設置されている植木鉢から出てきた灰汁(あく)と見られます。 【写真】作業前(上)、作業後(下)。まだ乾燥しきって …

チェアークリーニング(動画)

事務所、店舗のイスの洗浄も行っております。洗浄後に洗剤分や汚れを回収しているところです。

ビルの高所作業(窓ガラス外面、外壁)

高所の窓ガラス外面と、窓ガラスの上下の外壁をクリーニングします。外壁の材質によっても洗浄方法は変わります。

大黒さま

台所を守るのは大黒さま   伊邪那岐命が体をきれいに洗うみそぎをして、天照大神·月読命,須佐之男命という三姉弟の神が成りました。このうちいちばん暴れん坊だったのが、末っ子の須佐之男命。姉の天 …

ブログ一覧

お客様の声一覧