ブログ 清掃に関するお話

かまど神

投稿日:2018年5月10日 更新日:

火を司るかまど神

 

ガスや電気のなかった頃、日本の家には土や石で固めたかまどがありました。かまどにごはん釜や鍋をかけて、薪で火を起こし、調理したのです。家庭の象徴のようなあたたかい場所である一方、当時の日本家屋は木と紙で作られていたためたいへん燃えやすく、類焼もしやすかったため、火事を出すと七代たたる、などと言われていました。火は生きていくうえでなくてはならないものですが、反面、恐ろしいものでもあったのです。

そこで、人々は、かまどの神さまを大切にするようになりました。お札をかまどのそばに貼り、神さまを怒らせないよう燃えやすい炭のくずなどを片づけ、食べ物も、できるだけゴミを出さないようにしたものです。何よりも恐ろしいのが火事だったので、かまどの神さまこそが家の守り神だとする地方、家もあります。

-ブログ, 清掃に関するお話

執筆者:

関連記事

ハウスクリーニング(窓ガラス)

雨風にさらされて汚れた、家屋の窓ガラスやサッシ枠のクリーニングも承ります。

壁面高圧洗浄工事(動画)

デリケートな壁面なので、あえて水圧を下げて、洗剤や薬品を使用しておりません。

コンクリート高圧洗浄工事(動画)

一軒家に施されたコンクリート床の高圧洗浄工事。

神戸新聞朝刊 2020.11.25

今年度の兵庫県の技能顕功賞受賞者の中に、関本優 常務の名前が掲載されました。 県内外の産業への貢献が評価されました。   【関本優のコメント】 清掃業界(ビルクリーニング工)での受賞者は全国 …

仕事の一環(北海道)

札幌の同業者さんのところへ行ってきました。 2泊3日なので、他の時間は家族旅行タイムです。 富良野のアンパンマンショップや旭山動物園や羊ケ丘展望台などあちこちに行き、美味しいものは3日間とも沢山いただ …

ブログ一覧

お客様の声一覧