ブログ

かまど神

投稿日:

火を司るかまど神

 

ガスや電気のなかった頃、日本の家には土や石で固めたかまどがありました。かまどにごはん釜や鍋をかけて、薪で火を起こし、調理したのです。家庭の象徴のようなあたたかい場所である一方、当時の日本家屋は木と紙で作られていたためたいへん燃えやすく、類焼もしやすかったため、火事を出すと七代たたる、などと言われていました。火は生きていくうえでなくてはならないものですが、反面、恐ろしいものでもあったのです。

そこで、人々は、かまどの神さまを大切にするようになりました。お札をかまどのそばに貼り、神さまを怒らせないよう燃えやすい炭のくずなどを片づけ、食べ物も、できるだけゴミを出さないようにしたものです。何よりも恐ろしいのが火事だったので、かまどの神さまこそが家の守り神だとする地方、家もあります。

-ブログ

執筆者:

関連記事

空き店舗クリーニング

店舗の居抜き物件。次の入居者さんが気持ちよくオープン出来るように、リフォーム後の清掃をさせていただきます。

淡路島3年とらふぐ

先日、淡路島3年とらふぐをいただいてきました。3年間丹精込めてじっくりと育てるにはかなりのリスクが伴うらしいです。育てた稚魚が無事3年後に残るのはせいぜい半分くらい。だからこそ他の地域ではやってこなか …

仕事の一環(愛知)

仕事の一環で愛知へ行ってきました。良いご縁をいただきました。 桜が咲き始めていました。

弊社の幟をオーダー

ご近所さんのハクロマーク製作所様で新しいノボリを作っていただきました!見やすいし、丈夫やし、素早い対応をしてくれます♪

カーペット年鑑2017

カーペット産業にかかわる各種統計・品質基準・規格、カーペット業界を構成する団体・企業一覧等が収録された『カーペット年鑑2017』の『有力メンテナンス業者』に記載していただいています!弊社保有資格は日本 …

ブログ一覧

お客様の声一覧