ブログ 清掃に関するお話

おうちの神様の話3

投稿日:2018年5月3日 更新日:

汚れた場所には災厄の神さまがやってくる

人が家に入るときは、外の塵も一緒に連れてきます。塵は家の中に入るとタンスやテレビ、床の上へ自然に落ちます。それが人の髪や皮脂とからんで綿ぼこりになり、水などによって付着し、目に見える汚れとなっていくのです。こうした汚れのあるところに、けがれを嫌う神さまはやってきません。みそぎやお清めが必要なのは、人の体だけではないのです。けがれ、よどみのある場所には、守護神の代わりに災厄の神さまがやってきます。この神さまは、住人のやる気をなくさせ貧乏にしたり、病気にさせたりします。そうしてはかりしれない災厄をもたらすことになるのです。

 

 

 

-ブログ, 清掃に関するお話

執筆者:

関連記事

スナックのエアコンクリーニング

業務用の天井埋込型エアコンのクリーニングでは、出来るだけ分解します。 そうすることで、熱交換器やドレンパンなどの普段見えないところのクリーニングも行えます。 熱交換器の洗浄で、効率的な運転が可能となり …

テラゾータイル洗浄(動画)

テラゾータイル(補強用モルタル層の上に大理石、花こう岩などの砕石粒、顔料、セメントなどを練り混ぜたコンクリートを打ち重ね、硬化した後、表面を研磨、つや出しして仕上げたタイル)が黒ずんできたので機械洗浄 …

寺院の門扉木部あく洗い

こちらの写真は平成13年に寺院の門扉をあく洗い施工した時に撮影したものです。薬品の作用で床の石材などを傷めてしまうので、養生にも注意が必要です。

弊社の幟をオーダー

ご近所さんのハクロマーク製作所様で新しいノボリを作っていただきました!見やすいし、丈夫やし、素早い対応をしてくれます♪

仕事の一環(京都)

仕事の一環で京都へ行ってきました。良いご縁をいただきました。

ブログ一覧

お客様の声一覧