ブログ

おうちの神様の話3

投稿日:

汚れた場所には災厄の神さまがやってくる

人が家に入るときは、外の塵も一緒に連れてきます。塵は家の中に入るとタンスやテレビ、床の上へ自然に落ちます。それが人の髪や皮脂とからんで綿ぼこりになり、水などによって付着し、目に見える汚れとなっていくのです。こうした汚れのあるところに、けがれを嫌う神さまはやってきません。みそぎやお清めが必要なのは、人の体だけではないのです。けがれ、よどみのある場所には、守護神の代わりに災厄の神さまがやってきます。この神さまは、住人のやる気をなくさせ貧乏にしたり、病気にさせたりします。そうしてはかりしれない災厄をもたらすことになるのです。

 

 

 

-ブログ

執筆者:

関連記事

図書館のチェアークリーニング

椅子のクリーニングもたまにご依頼いただきます。しっかり洗えば洗うほど水分を使用し乾燥に要する時間も伸びるので、状況によって行う洗浄方法も数種類ございます。

福祉施設の床クリーニング

 基本的に福祉施設では、耐アルコール性・抗菌作用のあるワックスを塗布します。

清掃資機材の展示会

技術の進歩によって日々進化し続ける建材。それに対応すべく進化し続ける機材や洗剤・ワックス。常に現在から先の事、時には過去の事を考え続けていないと、いつの間にか時代に置いていかれるご時世です。「新しい物 …

整形外科医院長室の木床クリーニング

木床を洗浄する場合、目地から水分が染み込んでしまわないように注意しながら、迅速かつ丁寧に施工しなければ、木床が膨らんで割れたり、反ったりして痛めてしまいます。

資機材メンテナンス

仕事に欠かせない資機材のメンテナンス。 自社で出来る事はこまめにして、万全のコンディションで現場に臨みます。  

ブログ一覧

お客様の声一覧