ブログ 清掃に関するお話

おうちの神様の話2

投稿日:2018年5月2日 更新日:

神様がいないとツキが悪くなる理由

神さまがいないとツキが悪くなる理由

神さまは「けがれ」を避けるきれい好き

私たちは、日々たくさんの神さまに守られていますが、こうした神さま方は、きれいな場所が大好きです。もともと日本という国は、「お清め」という掃除の歴史から始まりました。まだ年号もできていなかったはるか大昔。「伊邪那岐命」という神さまが、死者の住む黄泉の国から帰ってきたとき、「穢なき國に到りてありけり」(汚い国に行ってしまった)となげくシーンが「古事記』にあります。そうして、死者のけがれがついた杖や冠を投げうつと、そこから12の新しい神さまが生まれました。装飾や着物を振り落とした伊邪那岐命は、さらに九州の海で体を洗いました。左目を洗うと「天照大神」という太陽の女神が、右目を洗うと「月読命」という月の神さまが、鼻を洗うと「須佐之男命」と、合わせて14の神さまが誕生しました。このとき、けがれのついた状態から誕生した神さまには、「大禍津日神」の「禍」などのように災厄を意味する文字が当てられます。

体を清めると、神さまが出現する。このパワーへの信心は今も続いています。神事の配役が決まると1年間毎日早朝、海にみそぎに行かなければならないとする神社があります。雪の降る真っ暗な日本海でこの風習を続けている島根県の美保神社では、そうやって祭りの日に神さまがのりうつるのだそうです。これがみそぎパワーです。

-ブログ, 清掃に関するお話

執筆者:

関連記事

福祉施設厨房のハードフロアクリーニング

作業台が撤去・移動されていて、台下のひどい汚れも結構スッキリしました。

建材卸業者事務所内の食堂剥離洗浄

従来なら、床のワックスを塗っていて汚れが目立ってきたら剥離洗浄を行います。そうすることで、かなりキレイになります。 剥離洗浄に至るまでに美観を保つメンテナンス方法もございますので、ご相談ください。

2018/01/18の毎日新聞に掲載していただきました。

毎日新聞 播州・但丹版 2018年1月18日朝刊に掲載していただきました。記者の方から取材を受ける機会ってなかなか無いけど、有り難いですね♪

光沢度計

福祉施設の床面洗浄作業を行いました。人の目では、時間帯や天気で明るさが変わったり、体調の変化で見え方が変わることもあります。 光度計を使って光度を測定することで、お客様に具体的な報告が可能となります。 …

水神さま

命の綱、水神さま   誰もが田畑を耕していた時代には、田畑をうるおす水は、まさに命綱でした。また、水道がなかった時代、家で使う水は井戸から汲んでいました。そうした川や井戸を守る水神は、私たち …

ブログ一覧

お客様の声一覧