空気の汚れはエアコンから??
夏場や冬に活躍するエアコンは、多くの空気やホコリを吸い込み大きな温度差に晒される為、一年も使えば目に見えない汚れが貯まっています。店舗で使う場合は特に、不特定多数の方が出入りし、飲食店だと空気中に散った油を吸い込むので傷みやすくなっています。家庭では、ハウスダストやホコリを貯めてしまいます。これらを適切にメンテナンスすることで、ニオイをなくし音が低減することで快適に過ごす空間を作ることができます。
また、新品同様に綺麗であれば急な故障も少なくなり、負荷が減るため電気代のコストアップを抑えることができます。
清掃方法
【動作確認】
エアコンの動作確認を行います。事前にリモコンをご用意いただけると助かります。羽の動きやお掃除機能の動きなど、正常に動く事を確認いたします。水漏れなど異常がある場合は事前にお伝えください。
※天井埋込型などの場合、ブレーカー位置の確認をお願いいたします。
【分解】
エアコン前面パネルやフィルターを取り外します。
【養生】
エアコン本体を洗浄する為の下準備をします。周囲に洗浄水が飛び散らないようにマスキングとカバーを徹底しています。
【清水高圧洗浄】
洗浄液・カビ・ホコリ・油汚れが残らないように、高圧水でしっかり水流しをします。
外した部品も、ひとつずつ専用の洗剤で丁寧に洗いカビや汚れなどニオイの元をなくします。
【仕上げ】
エアコン内部の水分をふき取り前面パネル・フィルターを取付け、内部乾燥の為に1時間程度稼働していただき完了です。
▶詳しい工程はこちら