ブログ

かまど神

投稿日:

火を司るかまど神

 

ガスや電気のなかった頃、日本の家には土や石で固めたかまどがありました。かまどにごはん釜や鍋をかけて、薪で火を起こし、調理したのです。家庭の象徴のようなあたたかい場所である一方、当時の日本家屋は木と紙で作られていたためたいへん燃えやすく、類焼もしやすかったため、火事を出すと七代たたる、などと言われていました。火は生きていくうえでなくてはならないものですが、反面、恐ろしいものでもあったのです。

そこで、人々は、かまどの神さまを大切にするようになりました。お札をかまどのそばに貼り、神さまを怒らせないよう燃えやすい炭のくずなどを片づけ、食べ物も、できるだけゴミを出さないようにしたものです。何よりも恐ろしいのが火事だったので、かまどの神さまこそが家の守り神だとする地方、家もあります。

-ブログ

執筆者:

関連記事

カーペットクリーニング(動画)

現場は中華料理店です。油汚れでカーペットの柄が見えにくくなっていますが、洗浄する事で柄が見えるように変化しています。洗浄後、残った洗剤や汚れをすすいで回収しています。

有り難いいただき物

先日、桃をいただき普通に少し冷やして食べようと思いましたが、友人から「常温の桃を、よく洗って 氷水に15分くらい浸けてから、皮ごと食べると1番甘みが増して美味しいらしい!」と聞いたので試してみたら、本 …

石材の防汚施工

木目調なので、普通のフローリング床に見えますが実は磁器タイルで出来ています。 こちらのお家はわけあって土足で生活されるということで、この床材を選ばれたそうです。 美装時に水拭きで何度拭きあげてもホコリ …

パチンコ店の外部磁器タイルクリーニング

商業施設の外部に敷かれた磁器タイルのクリーニングにも様々は方法がありますので、ご相談いただきましたらご提案させていただきますm(__)m

福祉施設の床クリーニング

 基本的に福祉施設では、耐アルコール性・抗菌作用のあるワックスを塗布します。

ブログ一覧

お客様の声一覧