ブログ

おうちの神様の話3

投稿日:

汚れた場所には災厄の神さまがやってくる

人が家に入るときは、外の塵も一緒に連れてきます。塵は家の中に入るとタンスやテレビ、床の上へ自然に落ちます。それが人の髪や皮脂とからんで綿ぼこりになり、水などによって付着し、目に見える汚れとなっていくのです。こうした汚れのあるところに、けがれを嫌う神さまはやってきません。みそぎやお清めが必要なのは、人の体だけではないのです。けがれ、よどみのある場所には、守護神の代わりに災厄の神さまがやってきます。この神さまは、住人のやる気をなくさせ貧乏にしたり、病気にさせたりします。そうしてはかりしれない災厄をもたらすことになるのです。

 

 

 

-ブログ

執筆者:

関連記事

歯科医院のハードフロアクリーニング

パッと見たところ分かりにくいですが、汚れがワックスに混ざって黒ずんでくると剥離洗浄をします。これも環境のことを考慮して、業界では考え方が変わってきています。 剥離洗浄によって古いワックスを除去すると、 …

建材卸業者事務所内の食堂剥離洗浄

従来なら、床のワックスを塗っていて汚れが目立ってきたら剥離洗浄を行います。そうすることで、かなりキレイになります。 剥離洗浄に至るまでに美観を保つメンテナンス方法もございますので、ご相談ください。

高等学校食堂のフロアクリーニング

スキッと汚れも除去されたので、清潔な空間で食事をしていただけると思います。

おうちの神様の話2

神様がいないとツキが悪くなる理由 神さまがいないとツキが悪くなる理由 神さまは「けがれ」を避けるきれい好き 私たちは、日々たくさんの神さまに守られていますが、こうした神さま方は、きれいな場所が大好きで …

美装の歴史

◎ 儀式的洗いの時代 相当昔より、現在の地鎮祭の様な、神事のまつり事にさいして「お清め」や「厄払い」の意味合いで行われていた様です。   ◎ 灰汁洗いの時代 儀式的な洗いより、実際に新築や古 …

ブログ一覧

お客様の声一覧